2017年05月03日

第19回公開憲法フォーラム(5月3日)安倍晋三自由民主党総裁メッセージ全文

読んだ感想ですが、熟慮して書かれた、安倍談話憲法編みたいな内容と思います。




第19回公開憲法フォーラム(5月3日)
安倍晋三自由民主党総裁メッセージ全文
 ご来場の皆様、こんにちは。「自由民主党」総裁の安倍晋三です。
 憲法施行70年の節目の年に、「第19回公開憲法フォーラム」が盛大に開催されましたことに、まずもって、お慶びを申し上げます。憲法改正の早期実現に向けて、それぞれのお立場で、精力的に活動されている皆様に、心から敬意を表します。
 憲法改正は、自由民主党の立党以来の党是です。自民党結党者の悲願であり、歴代の総裁が受け継いでまいりました。私が総理・総裁であった10年前、施行60年の年に国民投票法が成立し、改正に向けての一歩を踏み出すことができましたが、憲法はたった一字も変わることなく、施行70年の節目を迎えるに至りました。
 憲法を改正するか否かは、最終的には、国民投票によって、国民が決めるものですが、その発議は国会にしかできません。私たち国会議員は、その大きな責任をかみしめるべきであると思います。
 次なる70年に向かって日本がどういう国を目指すのか。今を生きる私たちは、少子高齢化、人口減少、経済再生、安全保障環境の悪化など、我が国が直面する困難な課題に対し、真正面から立ち向かい、未来への責任を果たさなければなりません。
 憲法は、国の未来、理想の姿を語るものです。私たち国会議員は、この国の未来像について、憲法改正の発議案を国民に提示するための、「具体的な議論」を始めなければならない、その時期に来ていると思います。
 我が党、自由民主党は、未来に、国民に責任を持つ政党として、憲法審査会における、「具体的な議論」をリードし、その歴史的使命を果たしてまいりたい、と思います。
 例えば、憲法9条です。今日、災害救助を含め、命懸けで、24時間、365日、領土、領海、領空、日本人の命を守り抜く、その任務を果たしている自衛隊の姿に対して、国民の信頼は9割を超えています。しかし、多くの憲法学者や政党の中には、自衛隊を違憲とする議論が、今なお存在しています。「自衛隊は、違憲かもしれないけれども、何かあれば、命を張って守ってくれ」というのは、あまりにも無責任です。
 私は、少なくとも、私たちの世代の内に、自衛隊の存在を憲法上にしっかりと位置づけ、「自衛隊が違憲かもしれない」などの議論が生まれる余地をなくすべきである、と考えます。
  もちろん、9条の平和主義の理念については、未来に向けて、しっかりと、堅持していかなければなりません。そこで、「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」という考え方、これは、国民的な議論に値するのだろう、と思います。
 教育の問題。子どもたちこそ、我が国の未来であり、憲法において、国の未来の姿を議論する際、教育は極めて重要なテーマだと思います。誰もが生きがいを持って、その能力を存分に発揮できる「一億総活躍社会」を実現する上で、教育が果たすべき役割は極めて大きい。
 世代を超えた貧困の連鎖を断ち切り、経済状況にかかわらず、子どもたちが、それぞれの夢に向かって頑張ることができる、そうした日本でありたいと思っています。
 
 70年前、現行憲法の下で制度化された、小中学校9年間の義務教育制度、普通教育の無償化は、まさに、戦後の発展の大きな原動力となりました。
 
 70年の時を経て、社会も経済も大きく変化した現在、子どもたちがそれぞれの夢を追いかけるためには、高等教育についても、全ての国民に真に開かれたものとしなければならないと思います。これは、個人の問題にとどまりません。人材を育てることは、社会、経済の発展に、確実につながっていくものであります。
 これらの議論の他にも、この国の未来を見据えて議論していくべき課題は多々あるでしょう。
 私は、かねがね、半世紀ぶりに、夏季のオリンピック、パラリンピックが開催される2020年を、未来を見据えながら日本が新しく生まれ変わる大きなきっかけにすべきだと申し上げてきました。かつて、1964年の東京五輪を目指して、日本は、大きく生まれ変わりました。その際に得た自信が、その後、先進国へと急成長を遂げる原動力となりました。
 2020年もまた、日本人共通の大きな目標となっています。新しく生まれ変わった日本が、しっかりと動き出す年、2020年を、新しい憲法が施行される年にしたい、と強く願っています。私は、こうした形で国の未来を切り拓いていきたいと考えています。
 本日は、自由民主党総裁として、憲法改正に向けた基本的な考え方を述べました。これを契機に、国民的な議論が深まっていくことを切に願います。自由民主党としても、その歴史的使命を、しっかりと果たしていく決意であることを改めて申し上げます。
 最後になりましたが、国民的な議論と理解を深めていくためには、皆様方、「民間憲法臨調」、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」のこうした取組みが不可欠であり、大変心強く感じております。
 
 憲法改正に向けて、ともに頑張りましょう。
posted by yamatonoibuki at 20:19| Comment(0) | 政府機関 | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

田母神裁判  水島総の敗北を予想します

田母神裁判
田母神俊雄の手記などから水島総の敗北を予想します

田母神さん独占手記 田母神さんが語る「横領疑惑の真相」 #月刊WILL #手記 #チャンネル錯乱
http://ameblo.jp/scorpionsufomsg/entry-12269304747.html
田母神先生独占手記に水島社長大反発
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53231052.html
チャンネル桜の水島社長が喚いています。
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53231007.html
posted by yamatonoibuki at 22:12| Comment(0) | 保守系の団体 | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

韓国人 白いソックスを好む人たち

在日朝鮮人の子が着るブレザーもとても素敵。
スカートは膝丈で、白いソックス。
在日朝鮮人の学生さんは、本当に学生さんらしい制服の着こなし方をします。

 そう、中井は実は朝鮮が大好きであることを服装によってアピールしていたのだ。このコメントからもわかるように白いソックスは朝鮮の習俗。一流民族の日本人がまねるべきではないスタイルだ。そういう意味で中井は変態だったのだ。だからその死を喜ばずにはいられないのである。

158 : チェーン攻撃(埼玉県):2014/01/23(木) 08:30:45.14 ID:Jl0SlYwF0
韓国人はスーツに白靴下だってむかしTVでやってたけど今でもそうなのかな
posted by yamatonoibuki at 18:15| Comment(0) | 韓国 | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

靖国神社 春季例大祭

靖国神社で最も重要な祭事は春と秋の例大祭だということを覚えておきましょう。


http://www.yasukuni.or.jp/schedule/shunki.html

靖国神社で最も重要な祭事は、春秋に執り行われる例大祭です。春の例大祭は4月21日から23日までの3日間で、期間中、清祓・当日祭・第二日祭・直会の諸儀が斎行されます。
当日祭に先立って斎行される「清祓」では、神職はもとより祭儀に用いる諸具に至る一切が祓い清められます。当日祭では、生前、お召し上がりになっていた御饌神酒や海の幸、山の幸などの神饌50台をお供えして神霊をお慰めし、平和な世の実現を祈ります。また、この日には、天皇陛下のお遣いである勅使が参向になり、天皇陛下よりの供え物(御幣物)が献じられ、御祭文が奏上されます。
春季例大祭の期間中、境内では、各種奉納芸能、特別献華展やさくらそう展などの奉祝行事も繰り広げられます。

祭儀日程

清祓4月21日午後 3時
当日祭4月22日午前10時
(勅使参向・午前10時30分)
第二日祭4月23日午前10時
直会 午後 6時

 

4月21日午前8時〜午後2時
4月22・23日午前11時30分〜午後3時

(春季例大祭期間中の社頭参拝は、午前6時から午後8時までとなります。)

posted by yamatonoibuki at 10:07| Comment(0) | 保守系イベント | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

朝鮮半島情勢 韓国への渡航は…………………

迂闊なことは書けない状況となりました。
とりあえず、3つの記事にて最良の御判断を!


【速報】外務省、韓国への渡航者に注意喚起を始める「朝鮮半島情勢に関する情報には、引き続き注意してください」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48790102.html


【緊急拡散】日本政府が韓国への渡航規制を出せない理由が ヤ バ す ぎ る !!!
http://www.news-us.jp/article/20170412-000011k.html
posted by yamatonoibuki at 02:18| Comment(0) | 北朝鮮 | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

米国最高裁判所への上告請願却下/GAHT​代表声明文 他[2017年3月30日号]

なでしこアクションからメールを受信しております。






なでしこアクション

 






 <本メール 内容>
【1】 米国最高裁判所への上告請願却下/GAHT代表声明文
【2】 4月1日GAHT報告会お知らせ
┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━



【1】米国最高裁判所への上告請願却下/GAHT代表声明文
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
https://gahtjp.org/?p=1618 より

歴史の真実を求める世界連合会
Global Alliance for Historical Truth/GAHT
声明文


GAHT 支援者の皆様、GAHT の皆さん、

残念ながら、米国最高裁判所は、我々のケースを却下しました。理由はわかりません。

しかし、グレンデール慰安婦像の裁判による撤去は成功しませんでした。今後は、別の方法で慰安婦像の撤去ができるように努力して行きます。皆さんの献身的な努力に深く感謝いたします。この裁判に関しては他にまだするべき残務処理が残っていますので、皆さんの更なる努力をお願いします。

此の裁判に関して、遅まきではありますが、意見書を提出することになった、日本政府に対して、心からの謝意を表明いたします。今後ともに、政府が積極的にその見解を表明し続けることを我々一同は祈念いたします。

此の裁判では成功しませんでしたが、我々の日本と日本人の名誉を守るために努力を続ける意思は変わりません。米国において、ヨーロッパにおいて、そして、国連やその他の地域において成すべきことは、山積しています。

問題は、慰安婦だけではありません。様々な方法で、日本と日本人の名誉を傷つけ、日米関係を離反させ、日本国を孤立させ、又は、消滅させようとする動きに対して断固として、抵抗してゆく積りです。

皆様、厚いご協力、有難うございました。今後は、別の形で当会の目的を達成するように尽力いたしますので、皆様、引き続き厚いご支援の程、お願いいたします。

2017年3月27日
GAHT  代表   目良 浩一




【2】4月1日報告会お知らせ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<グレンデール慰安婦像撤去訴訟 報告会>
〜 米国連邦最高裁までの戦いの経験から新たなステージへ 〜

残念ですがGAHTが米国最高裁判所に求めた上告請願書は却下され、
これによって裁判での闘争は一区切りを付けました。
この闘争では、日本政府がGAHTの請願を支持して意見書を出す等の、様々な成果がありました。
これ等の裁判についてのご報告するとともに、最高裁までの経験から、日本の名誉を守る為の新たな戦略を提案します。

[登壇者]
目良浩一 GAHT−US代表(原告)(ビデオメッセージ)
藤井厳喜 GAHT日本代表
山本優美子 同理事
細谷 清 GAHT−US理事   他支援者多数

[日時]
平成29年4月1日(土)
開場18:00 開会18:15 (閉会20時過ぎ)

[場所]
田道(でんどう)住区センター
田道ふれあい館内3階第2・3会議室
目黒区目黒1丁目25番26号
目黒駅より山手線の外側の目黒川へ向かい、坂を下りて約10分。

[参加費] なし
※事前申し込み不要、当日直接会場にお越し下さい

[主催/ 問い合わせ]歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)
E-メール:info@gahtusa.org

[協賛]日本近現代史研究会

※地図詳細はこちら https://gahtjp.org/?p=1599




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

*上記お知らせ転載フリーです。拡散にご協力いただけますようお願い申し上げます。

*今後、なでしこアクションからのお知らせメールが不要の方は、件名に「メール不要」と書いて、このメールに返信願います。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

正しい歴史を次世代に繋ぐネットワーク
なでしこアクション http://nadesiko-action.org/
代表 山本優美子
問い合わせ先 JapanNetwork1@gmail.com
posted by yamatonoibuki at 15:24| Comment(0) | 保守 意見書 請願 署名等 | 更新情報をチェックする