2017年01月02日

韓国・中国・日本の顔、どのように区別するのか

なんとなくですが当たっているような気がします。

http://oboega-01.blog.jp/archives/1061914571.html
韓国・中国・日本の顔、どのように区別するのか…AIは知っている

前髪・眼鏡・顔の表情など文化的要素で区別

(ソウル=連合ニュース)キム・ギョンユン記者

「あなたは中国人ですか?それとも日本人ですか?」

旅行を出ると一回ぐらい聞かれる質問に、人工知能(AI)が代わりに答えてくれるようになった。

米国ロチェスター大学のコンピュータ学科の研究者が、韓国人と中国人、日本人の顔の資料4万件を集めて分析し、AIを活用し、ランダムに写真を選んで区別した結果、75.03%の精度で国籍を区分したとワシントンポスト(WP)が21日(現地時間)に報道した。

これは、人間が写真を見て韓・中・日の国籍を区分する確率の38.89%の二倍の水準である。

研究者は、李開復・元Google中国社長のTwitterをフォローしている中国人のうち、1万3429人と、安倍晋三・日本首相のTwitterをフォローしている日本人1万2914人、朴槿恵大統領のTwitterをフォローしている韓国人1万3540人のプロフィール写真を集め、コンピュータに入力した。

続いて韓国人と中国人、日本人の顔を、眉毛、頬骨、髪の色、眼鏡、笑顔など40個の要素に分類して保存した。

分析の結果、眼の下の涙袋は日本人が最も多くて、韓国人がその後に続いた。
中国人は濃い眉毛を持っている割合が高いことも分かった。

前髪は日本人の顔で最も頻繁に見られ、中国人はダサいヘアスタイルだということが分かった。

笑顔も男女を問わず日本人の間で最もありふれていたが、中国人が最も珍しかった。

韓国人は黒い髪の色が多く、日本は比較的黒い髪の色が珍しかった。

概して3カ国の人々の顔は、ヘアスタイルやメガネ、表情などの違いが目立った。

WPは、「韓国と中国、日本は、ある程度同じような祖先を持っているが、ファッション感覚ははっきりと違う」と説明した。

研究者は今後、この技術を活用すれば、広告やソーシャルメディアマーケティングでカスタマイズされた広告を実行することができるし、テロリズムの予防にも使えると付け加えた。

引用ソース
http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=001&aid=0008771097&date=20161022&type=1&rankingSectionId=105&rankingSeq=2
posted by yamatonoibuki at 17:01| Comment(0) | 中共 シナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]