2014年12月01日

数字で見るアベノミクスの成果

自民党HPに書いてある事実です。
民主党の海江田がこの事実が理解できないようです。





数字で見るアベノミクスの成果


アベノミクス「三本の矢」

(1)第一の矢 「大胆な金融政策」

「2%の物価安定目標」を、2 年を念頭にできるだけ早期に達成することや、マネタリーベースを2 年間で2倍にする等の「量的・質的金融緩和」を導入しました。これらは、従来の金融政策の枠組みを大きく見直すものであり、固定化したデフレ予想を払拭し、デフレ脱却に向けた大きな一歩となりました。

(2)第二の矢 「機動的な財政政策」

「機動的な財政政策」とは、まさにメリハリのある財政政策を意味します。景気が落ち込んでいた政権発足直後には大規模な補正予算を組みましたし、消費増税後の需要減等に対応するために、平成26年前半に集中的に実施する補正予算を編成する等、きめ細やかな財政措置を取っています。
一方で、財政健全化目標をしっかりと見据え、予算を厳選、重点化することで、プライマリーバランスを着実に改善しています。

(3)第三の矢 「民間投資を喚起する成長戦略」

平成25 年6月には、企業や国民の自信を回復し、「期待」を「行動」へ変える「新たな成長戦略」である「日本再興戦略」を発表し、10月には、税制面でも成長を後押しするため、民間投資活性化のための税制措置を決定しました。
また、成長戦略実行国会と位置づけた秋の臨時国会では、産業競争力強化法、国家戦略特別区域法など数多くの法案が成立しました。このように安倍政権では、切れ目のない成長戦略を実行しています。

安倍内閣発足から1年
日本はようやく長いトンネルから脱し
明るい兆しが見えてきました。
私たち自民党は
未だこの成長を身近に感じていない方々にも
「景気がよくなった」
「日本が元気になった」と
実感していただけるよう
さらに経済政策を推し進めます。


posted by yamatonoibuki at 22:24| Comment(0) | 自民党 | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

自民党の組織選挙スタイル 小選挙区は自民比例は公明 これで国が良くなるはずがない

小坪しんや議員が言っていること、日本全国で起きていることだと思います。これが自公協力の実態なのです。


【選挙に行こう!@】ある自民党地域支部からの声、「比例は公明党」と言わざるを得ない苦悩。


Share on GREE
LINEで送る

『選挙区は自民党へ、比例は公明党にお願いします。』というフレーズを聞いたことはありませんか?
なぜこのような連呼が行われるのでしょう。

ネット上では、以下の意見が大勢を占めます。
「公明党と手を切れば、自民の票は増える。」
「減った分を補填する、もしくはそれ以上にだ。」と。

私は、上記の意見を否定する立場にはありません。
ある程度の整合性もあり、聞く価値もある意見だと思います。
しかし、安易に与するつもりもありません。

ネットの皆様にも知って頂きたい現場の声というものがあります。
今日は、現場からネットの皆様へお手紙を書かせて頂きたく思います。

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

「小選挙区は自民、比例は次世代へ!」

シリーズ:「試される覚悟、踏み出す勇気」
下記、いずれも拡散希望です。
【選挙に行こう!@】ある自民党地域支部からの声、「比例は公明党」と言わざるを得ない苦悩。
【選挙に行こう!A】ある市議の日常、過酷な現場。ロビイストの苦悩
【選挙に行こう!B】漫画「試される覚悟、踏み出す勇気。」
【選挙に行こう!C】選挙事務所への紹介状・必読の選挙ノウハウ

−−−−−−−−−−−−−−−–
【選挙区は自民党へ、比例は公明党へお願いします】という“苦悩”と
【ネット世論は、選挙の現場では完全にアウェイ】であるという“現実”
−−−−−−−−−−−−−−−–

『選挙区は自民党へ、比例は公明党へお願いします』

現在、自民党の比例票について、上記のようなスローガンを掲げ やむを得ず公明党との選挙協力を行っている自民党支部が全国に多数ございます。

私は、このような形での選挙協力をせずとも、自民党単独過半数、もしくは政策で一致した政党との党友関係を願う者です。

慢性的に自民党が陥っているこの現象は、
「公明票がなければ自民の候補は勝てないのでは?」
という、中の人が陥っている一種の呪縛や、
「公明と手を切れば自民党の票が増える!」
という、外部からの感情論や空気感ではありません。

残念ながら、公明票のお陰で自民が命拾いしている前例は、事前の綿密な票読みと選挙後の分析により、数字にて、はっきりとした結果が出てきているからです。

逆に言えば、それほどに「保守の組織票」とは大きく減少しているのです。
ここで掲載するわけにはいきませんが、想像以上に多くの小選挙区の自民議席を喪失することになってしまう。

結論としては、いくらネット上での世論が「公明と手を切れ」であったとしても、『事前の票田を用意出来ない限り』選挙の現場には届きません。

では、具体的に。
このような選挙協力の必要をなくすには、どうすればよいか。
やることは簡単です。
公明票に頼らずとも、確実に票を積み上げられる組織票を用意すること。
しかもそれは、告示前に選対事務所へ預けられる形で、です。

なぜ事前に必要なのか。
選挙は、各地域支部ごとに、事前の詳細な数字で(票読み)を行います。
選対事務所は、その数字に基づいて、選挙対策を行うためです。

例えば、個人演説会の会場。
100名入る交流センター等の会場に、集まった聴衆が80名。
うち、公明動員55名・自民動員20名、無党派層5名。
これではいくら、公明と手を切れと吠えまくっても、答えははっきりとしています。
負け犬の遠吠え。

つまり「じゃあ、オマエの言うような票田を用意してこいよ」と…。
そこまで強い口調では言われないまでも、つまりはそういうことになります。
私は、先の参院選や前回の衆院選において、自民党の公明票対策について、支部へ意見を上げましたところ、その場で上位勢より、フルボッコを受けました。
多勢に無勢とはこのことです。

長い期間を経て、相当に浸食が進んでいるのだなと、思い知らされた瞬間です。
ネット上においては、けしからん!という声がすでに聞こえて来るようです。
ですが、これが現実なのです。
そこをどう切り崩していくかというエントリーになります。

この場で詳細は申し上げられませんが、上位に対しては、【他党の票田に頼ることではなく、無党派層や、次代の党員の開拓】について、少しずつではありますが、条件等を提出させていただいております。
ですがこれ以上は、微力な私では、どうしようもないんです。

保守ゆえ、自由民主党の立党の党是に惚れ込んで、私はここにいるのです。
決して政策面で折り合いのとれない、他の党のため汗を流すためではありません。
それでも目の前には現実があり、また組織としての動きというものがあります。

現実問題、選挙戦が始まってもいないのに、すでに疲労困憊。。。
厳しいです。簡潔な文章が書けずで申し訳ございません。
ネット世論は、選挙の現場では完全にアウェイです。

選挙の現実は、全国各地からのイイねの数ではなく、自分の選挙区(小選挙区)の有権者に対して、どう訴えかけるかのみの勝負になります。

【選挙区は自民党へ、比例は公明党へお願いします】。。。
どうか、このスローガンに、異議のある、心ある保守の皆様方、
どうか、どうか、最寄りの自民党候補者事務所へ、お顔を出して頂けませんでしょうか。
全国各地、どこの事務所でも結構です。

ご自分の選挙区内の事務所へ、そして、ネット保守の総意を、若い世代の世論であると、選対へ届けて頂けませんでしょうか。
本当に、本当に、お願いいたしますm(_ _)m
自分もできる限り、やります。

「テレビの画面に向かっていくら文句を言っても」、
「新聞の活字に向かっていくら血圧を上げても」、
「パソコンの液晶画面に向かっていくらタイピングしても」埒があかん。
最優先事項は、自分の選挙区内の有権者に、どう訴えるかのみ。
私はこれを、自分自身の選挙期間中の心得としています。

そして、
やることをやってはじめて、言うことを言える。
まずはやることをやる。ここでいうやることとは、選挙運動です。
その代り、言うこともしっかりと言わせてもらう。というスタンスで。

でもやはり厳しい。
だけどこれだけはいえます。
一日の中でのほんの10分間。ポスターの一枚、ハガキの一枚、ポスティングの一枚に手を貸していただけただけでも、どれほど心強いかしれません。。。
以上、ご報告とお願いという形を取らせていただきます

posted by yamatonoibuki at 07:32| Comment(0) | 自民党 | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

衆議院を通過した重要3法案 

参議院での可決成立を待ちましょう。





*補足
「テロ資金提供処罰法改正案」
B1z93QnIIAEGZSb

「犯罪収益移転防止法改正案」
B1z93QnIIAEGZSb

「テロ資金凍結法案」
B1z93STIgAAOYdv

の対テロ関連3法案が《賛成多数》で可決された。
共産党は一部の法案に反対、社民党と市民連合は3案全てに反対。

https://twitter.com/simalis1/status/530577984416018433
posted by yamatonoibuki at 08:56| Comment(0) | 自民党 | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

対テロ関連法案衆議院内閣委員会可決 なぜか赤旗だけが報道


対テロ関連法案可決

衆院内閣委 佐々木氏質疑、賛成


Yahoo!ブックマークに登録

写真

(写真)質問する佐々木憲昭議員=5日、衆院内閣委

 日本が独自にマネーロンダリング(資金洗浄)対策やテロ対策をとる犯罪収益移転防止改定案と、テロリストの国内取引や経済活動を規制するテロ資金凍結法案が5日の衆院内閣委員会で全会一致で可決されました。日本共産党の佐々木憲昭議員は「テロ対策という重大な法の目的にかんがみ、恣意(しい)的な運用がされないようにすることが大事だ」と指摘のうえ、両案に賛成しました。

 警察庁は昨年、資金洗浄対策として銀行から届け出られた「疑わしい取引」情報は約30万件、検挙に活用したのは3781件でした。

 佐々木氏は検挙以外に活用した約19万件の情報が法の目的外に使われていないかと質問。山谷えり子国家公安委員長は「法の趣旨にもとづいて行う」と答えました。提供された情報を適切に管理するルールが都道府県警にはないため、佐々木氏は共通ルールをつくるよう求めました。

 テロ資金凍結法案で、佐々木氏は「テロは生命と人権を踏みにじる憎むべき犯罪行為で、国際社会と協力して実効ある対策をとるのは当然だ」とし、テロリストの指定が恣意的にされないように慎重な運用を求めました。

 一方、自民、公明、民主など各党提案のサイバー(インターネットなど)セキュリティー基本法案が日本共産党以外の賛成で可決されました。佐々木氏は反対討論に立ち、「国民のためのサイバー空間の安心・安全から出発するのでなく、有事を想定した国家機能強化だ」と批判しました。

posted by yamatonoibuki at 15:41| Comment(0) | 自民党 | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

長尾たかし議員 全国の皆様へ、個人献金のお願いです。 9月25日にタウンミーテイング実施費用

長尾先生は、日本にとって必要な政治家です。

http://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/83c800c2cae166649d8cca9ddd09484c


全国の皆様へ、個人献金のお願いです。・・・長尾たかしの活動をお支え下さい。よろしくお願いいたします。

2014-07-14 16:14:08 | 活動


-------------------------------------------------
☆「長尾たかしの活動支援をお願い致します」☆
-------------------------------------------------
個人献金のお願いです。

9/25に櫻井よしこ先生をお招きしタウンミーティング等を予定しておりますが、
1万通以上のご案内状を送付させて頂くにあたり、
郵便代、チラシ・資料制作費、紙代など経費が不足しております。


寄付金をお願いいたします主旨は「長尾たかしの活動支援」です。
以下、「台所事情」です。

・今現在、政党支部長を仰せつかっていません。
・今話題の、「政務活動費」がありません。
・政党助成金(800万円)も頂いておらず、
・企業団体献金などの大口寄付も受け入れられない状況下にございます。

長尾たかし後援会への、全国の皆様からの個人献金だけが頼りです。

正直申し上げて、・・・・・非常に、苦しいです・・・。

政治活動継続、並びに活動範囲拡大の為、何卒よろしくお願い申し上げます。
大切に使わせて頂きます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

ホームページより
寄付金口座
◆銀行振込 三菱東京UFJ銀行 八尾駅前支店
          口座番号 普通 0843913
            名義 長尾たかし後援会
◆郵便振込      口座番号 14160-93267971
            名義 長尾たかし後援会
※お手数ですが、振込み手数料はご負担いただきますよう お願い申し上げます。
※銀行へお振り込み頂いた方はお手数でも、tna.j@i.softbank.jpまで、お名前、ご住所、お電話番号をお知らせ下さい。
※ご入金を確認後ご自宅へ領収証を送付させていただきます。


以下、ご参考まで。
------------------
12/16惜敗後、長尾たかしの活動(抜粋)

・12/17〜1月中 ひたすら支援者訪問と残務処理(事務所一旦閉鎖・秘書再就職)
・〜2/11   柏原市選出大阪府議会議員補欠選挙
・〜2/11   柏原市議会議員補欠選挙
・2/22    竹島の日県民大会に参加
・3/12   「知っておかなければならないチベットの今 part2」ワンチュク厚生大臣招聘
・3/18    有料メルマガ・長尾たかしの「国会へ戻るまでに、これだけは言っておきたい」創刊
・3/30    日本を守れ、国民大集会・日比谷野外音楽堂で講演
・4/6〜8   沖縄視察・那覇・辺野古・普天間("戦後レジームからの脱却は沖縄"で講演)
・4/20    長尾たかしと語る日本の未来を東京で初開催
・5/13    沖縄県祖国復帰の真実・衆議院第一議員会館
・5/29   大阪司法書士会「グローバル化がもたらすもの」講演
・6/2    井上和彦 with 長尾たかし爆裂トークライブ難波開催
・6/6    ストップ過労死院内集会・衆議院第一議員会館
・6/8    自民党羽曳野市支部で選挙区支部長推薦決定
・6/21〜29 日本とウイグル自由のための連帯フォーラム開催・ラビアカーデル招聘
           (東京・札幌・大阪・名古屋・沖縄で開催)
・6/29〜7/2 尖閣諸島漁業活動(10時間に渉って中国公船に追跡される)
・7/4〜21  参議院選挙
・7/28    長尾たかし参議院選挙と安倍政権の展望・神楽坂講演
・8/17〜18 尖閣諸島漁業活動(戦時中遭難者慰霊祭を洋上で実施)
・9/3    有本香 with 長尾たかし爆裂トークライブ難波開催
・9/1〜9/8 羽曳野・柏原市議会議員選挙
・9/9     久野潤 with 長尾たかし爆裂トークライブ京都開催
・9/30〜10/1 尖閣諸島漁業活動
・10/25   立川市内にて講演
・11/21   古谷経衡氏対談を収録
・11/22〜24尖閣諸島漁業活d 動
・12/11   長尾たかし・山口釆希ジョイントコンサート in 心斎橋
・1/13   和心会にて講演
・1/24   衛星放送「さくらじ」出演
・1/24   長尾たかし・山口釆希ジョイントコンサート in 中野
・1/29   石川県白山市で講演
・1/30   金沢市内にてトークライブ
・2/1    大阪府北区倫理法人会にて講演
・2/4    過労死を考える院内集会
・2/22   竹島の日島根県大会に参加
・3/18   有料メルマガ・創刊一周年
・3/14   日本再生の会にて講演
・5/10   「マスコミと政治家が隠蔽する中国」発刊・Amazonで一日で完売
・5/13   「マスコミと政治家が隠蔽する中国」増刷・5,6月ビジネス書籍NO.1(八尾市内)
・5/14〜16 沖縄祖国復帰42周年記念式典を運営
・5/12   「インターネット放送CGS」にて番組4本収録
・5/15   沖縄FMに出演
・5/24   山梨県身延町にて講演
・5/31   日本再生の会にて講演
・6/5    竹島の日東京大会に参加
・6/6〜9   尖閣諸島漁業活動
・6/12 尖閣諸島漁業活動報告会・テレビ出演
・6/16    沖縄対策本部にて講演
・6/19   尖閣諸島漁業活動討論番組・テレビ出演
・6/20   過労死等防止推進法成立
・6/28   日本再生の会姫路にて講演
・7/1   「月刊正論8月号」に拙著4ページにわたり書評が掲載される
・7/7   「知っておかなければならないチベットの今 part3」亡命政府国会議員3名招聘
・7/13 「音楽で結ぼ・ブルーリボン」拉致問題解決の音楽イベント・心斎橋ライブハウス
・7/14   週刊「アエラ」にて集団的自衛権に関する主張が掲載

以下、予定
・7/19〜21 尖閣諸島漁業活動(予定)
・8/30   日本再生の会「あした塾」にて講演(予定)
・9/25   櫻井よしこ氏と第151回タウンミーティング・八尾プリズム大ホール(予定)
・9/27   日台交流協会にて講演
・9/27   チーム沖縄・大阪にて講演(予定)  


------------------
posted by yamatonoibuki at 11:06| Comment(0) | 自民党 | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

自民党広報からの文書(ネットビラ) 安全保障法制整備のための閣議決定

自民党からの情報です.
朝日、毎日、反日痴呆紙はウソばかり報道しています。
情報は自分で確かめましょう。
それから、ウソばかり垂れ流すマスコミの処罰を自民党に陳情しましょう。

――――――――――――――――――――――――――――

【拡散希望】安全保障法制整備のための閣議決定について

7月1日に閣議決定された安全保障法制整備についてのネットビラを作成しました。
再び戦争をすることが出来るようにするためだ!や、徴兵制が採用され、若者が戦地へ送られる!など、まったくの嘘・誤解が飛び交っています。

http://jimin.ncss.nifty.com/pdf/news/policy/pdf203_1.pdf


安全保障法制整備のための閣議決定
Q : 再び戦争をするためですか?
A : 違います!
国民の生命と安全を守るためです。
かつての湾岸戦争やイラク戦争のような戦闘が起こっても、自衛隊が参加することはありません。

Q : 抑止力が、かえって危険なのでは?
A : 抑止力は平和な日本を守ります。
自衛隊の発足や日米安全保障条約改定で抑止力を高めた際にも同様の批判がありました。しかし、日本が戦争に巻き込まれた事実はなく、歴史が証明しています。
バツ1 どのような事態になっても、国民の生命と平和な暮らしを守り抜いていくために閣議決定しました。
いかなる紛争も、国際法に基づき外交的に解決すべきことは言うまでもありません。しかし、その上での「万が一の備え」こそが、「万が一を起こさせない」大きな力、すなわち「抑止力」となります。万全の備えこそが、日本に戦争を仕掛けようとする企みを未然に防ぐことにつながります。
日本を取り巻く情勢は一層厳しさを増しています。あらゆる事態を想定して、国民の命と平和な暮らしを守るため、切れ目のない安全保障法制を整備する必要に迫られています。
今回の閣議決定により、日本が戦争に巻き込まれるおそれがむしろ低減します。一部メディアが煽っているような、日本が再び戦争をする国になるのでは、断じてありません。
なぜならば、集団的自衛権を行使するとしても、あくまでわが国の存立を全うし、国民を守るための自衛の措置に限られるからです。外国の防衛それ自体を目的とする武力行使は、今後とも行いません。


バツ1 憲法解釈の基本的考え方は、今後も変わりません。
海外派兵は一般に許されないという従来からの原則は、全く変わりません。かつての湾岸戦争やイラク戦争のような戦闘に自衛隊が参加することは、これからもありません。
外国を守るために、日本が戦争に巻き込まれるという誤解があります。1960年代、日米安全保障条約改定の際にも、同様の批判がありましたが、その後現在に至るまで、わが国が戦争に巻き込まれた事実はなく、今後もあり得ません。
むしろ、海外で突然紛争が発生し、そこから逃げようとする日本人を同盟国の米国の船が救助・輸送している時、日本近海において攻撃を受けるかもしれません。
このケースは、わが国自身への攻撃ではありません。しかし、それでも日本人の命を守るため、自衛隊が外国から攻撃を受けている米国の船を守る。それをできるようにするのが今回の閣議決定であり、政治の責任であります。

バツ1 閣議決定のみで集団的自衛権の行使が可能となるわけではありません。法律案を準備し、国会で審議します。
自衛隊の行動は全て法律に基づいて行われています。実際に集団的自衛権の行使等を可能とするには、それらを担保する法律が国会で成立することが必要です。
政府において、今回の閣議決定に基づいて作業を進め、準備が整い次第、国会に法案が提出され、与野党で十分に審議を行うことになります。わが党としては、今後も丁寧にわかりやすく説明を行いつつ、国民の皆様の理解を得る努力を続けていきます。

Qなぜ今憲法解釈を見直し、集団的自衛権の行使を可能にする必要があるのですか。
わが国を取り巻く安全保障環境は、一層厳しさを増しており、大量破壊兵器や弾道ミサイルの脅威は深刻度を増しています。また、サイバー攻撃のような国境を超える新しい脅威も増大しています。このような状況の下では、脅威は容易に国境を越えてくるのです。
もはやどの国も一国のみでは、自国の平和と安全を守ることはできず、国際社会と協力して地域や世界の平和を確保していくことが不可欠です。国民の生命を守りつつ、世界の平和と安定のために積極的に取り組んでいくためには、日本の法的基盤についても切れ目なく整備する必要があるのです。


Q徴兵制が採用され、若者が戦地へと送られるのですか。
全くの誤解であり、明らかな間違いです。
現行憲法18条で「何人も(中略)その意に反する苦役に服させられない」と定められており、徴兵制が出来ない根拠になっています。
自民党が平成24年に発表した新憲法草案においてもこの点は継承されています。
また、軍隊は高度な専門性が求められており、ほとんどの国が現在の自衛隊と同じように「志願制」に移行しつつあります。憲法上も安全保障政策上も徴兵制が採用されるようなことは全くありません。
posted by yamatonoibuki at 15:21| Comment(0) | 自民党 | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

安倍首相が靖国参拝で韓国を激怒させた真の目的

安部首相
稀代の名宰相のようです。

http://www.news-us.jp/article/383658401.html

272 : 名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/12/26(木) 13:49:00.32 ID:L5wp6BLa0
安倍ちゃんスゲーわ。
来年韓国がデフォルトに
なること見込んで
うそつき韓国の乞食が
支援を要求しないように

靖国参拝!頭えーわ!




363 : 名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/12/26(木) 13:51:48.37 ID:67GRQSvC0
>>272
IMFのストレステストの結果が
分かってたんだろうね。

(IMF結果発表はエラ通信の言うとおり「1月1日」なのか?)


韓国のIMFストレステスト結果、11月でなく12月末に発表されるらしい
http://www.news-us.jp/article/380645852.html
エラ通信「IMF審査の結果八表が二ヶ月延期になり、1月1日に発表される」
http://www.news-us.jp/article/380757465.html



125 : 名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/12/26(木) 14:35:06.39 ID:N1v+GGt80
来年のIMF監査発表と平昌を控えて
すり寄ってくるのが見え見えだったからこれはいいタイミング




49 : 名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/12/26(木) 17:34:36.63 ID:psGN30jl0
これで、IMFのストレステストや平昌で、
日本に泣き付けなくなるからいんじゃね?
銃弾の件といい、結果は見えてるしw








(銃弾の件があったので、国連等を間に介しても支援要求不可に)

45 : 名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/12/26(木) 15:23:09.64 ID:F8mKk45o0
経済援助したら黙るんだろ
しばらくの間だけど・・・w




71 : 名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/12/26(木) 15:25:18.73 ID:zoiAKpCu0
>>45
南スーダンの銃弾緊急援助みたいに、
経済援助したら遺憾の意を
表明されるんじゃないかな?




168 : 名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/12/26(木) 15:33:58.65 ID:f/QNtfok0
>>71
韓国のIMFストレステスト対策はもうバッチリだな!
南スーダンの弾薬と今回の参拝で
韓国は国連が間に入った間接的な支援でも
日本に要請できなくなったわw




200 : 名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/12/26(木) 15:36:34.20 ID:Yskn02CN0
>>168
援助して欲しいと申し出があったが、
IMFを通すようにと断った。
とかしれっと公開されたりしたら最悪だしなwww









(既に非公式で援助を要求していた可能性も?)

642 : 名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/12/26(木) 18:44:01.05 ID:LLmAKsw+0
韓国からの非公式な経済援助要請への
返事の替わり、という可能性。




589 : 名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/12/26(木) 18:37:16.92 ID:g9OuqGmNO
何故このタイミングと思ったが
非公式に韓国から経済援助の
要請あったんだよね

これで韓国側は
経済破綻するか
靖国参拝容認して
援助してもらうか

の選択を迫られることになった

しかもも特定秘密法案絡みで
援助があったことも公開されるから面目丸潰れ




221 :中道過激派:2013/12/26(木) 21:25:20.34 ID:5HNvcQFT0
どこかのスレに 
数日前に韓国から
非公式に経済援助の打診があった

との情報が書いてあったぞ。

で その答えが「靖国参拝」www
判りやすくって 良いね〜〜

もっとも弾薬の件で ブチ切れて靖国参拝も考えられる。www




782 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) [] 投稿日:2013/12/26(木) 12:21:04.09 ID:+0IHEiW40
下朝鮮は最近経済失速&支那警戒で
日本に事大しかけてたからな
そいつに釘を刺すメッセージだな




471 : 名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/12/26(木) 18:22:02.06 ID:ooSmJEm50
国内では威勢良く反日やりつつ、
裏でこっそりと日本に経済支援のオネダリ
こういうムシのいい考えが

韓国の言う「関係改善」だから
あてが外れた韓国のダメージ大きいだろうな
ファビョるのも無理はない

日本国民の感想としては、
靖国防虫スプレー利いてる利いてるwww
韓国にまた金集られるのを未然に防止できたシメシメ
ってとこかな


posted by yamatonoibuki at 04:00| Comment(0) | 自民党 | 更新情報をチェックする