2014年12月13日

読売は低投票率を予測 次世代の党支持者の方 明日は投票に行こう


投票率、戦後最低か…「50%台前半」予想も



 衆院選は14日、投開票を迎えるが、投票率の低下が懸念されている。

 師走の選挙で、野党が政権交代を掲げていないことから盛り上がりを欠いており、戦後最低だった前回2012年の59・32%(小選挙区選)を下回る可能性が強いとの見方が出ている。組織力のある自民、公明、共産各党は支持固めに努める一方、民主、維新両党などは無党派層などへの投票呼びかけに必死になっている。

 読売新聞社が2、3日に実施した全国世論調査で、衆院選に「関心がある」と答えた人は計69%で、12年の調査に比べ10ポイント以上低かった。このため、自民党内からは「投票率は50%台の前半だろう」と予想する声が出ている。

posted by yamatonoibuki at 10:58| Comment(0) | 次世代の党 | 更新情報をチェックする

次世代の党 本日12/13の街宣予定 東京ブロック

  • 東京ブロック

日時:12/13土10:00

場所:池袋東口カラオケ館前(リプレビジョン前)

弁士:山田宏幹事長、浜田和幸政調副会長


日時:12/13土11:00

場所:新宿駅東口(アルタビジョン前)

弁士:山田宏幹事長、浜田和幸政調副会長


日時:12/13土12:30

場所:渋谷駅ハチ公前(109フォーラムビジョン前)

弁士:山田宏幹事長、浜田和幸政調副会長


日時:12/13土14:00

場所:秋葉原駅北口AKB前(秋葉原UDXビジョン前)

弁士:山田宏幹事長、浜田和幸政調副会長


日時:12/13土15:00

場所:銀座数寄屋橋(マリオンビジョン前)

弁士:石原慎太郎最高顧問、山田宏幹事長


  • 南関東ブロック

日時:12/13土10:30〜19:30

場所:神奈川県各所

弁士:松沢成文副党首

順路:町田駅→大和駅→戸塚駅西口→上大岡駅西口→

桜木町駅東口→横浜駅西口→鶴見駅東口→

川崎駅東口日航ホテル前→川崎駅西口→

武蔵小杉駅東口→鷺沼駅→たまプラーザ駅

備考:県内各所の駅を順次、スポット演説をして

周ります。

posted by yamatonoibuki at 08:31| Comment(0) | 次世代の党 | 更新情報をチェックする

次世代の党 増元輝明 











 平成9年の家族会結成後、私は事務局として、全ての日本人を救出する活動に、懸命に取り組んで参りました。
各地で行われる集会や署名活動、政府との折衝や要請、またアメリカや・EU・国連などへ何度も赴いて、協力の要請を行って参りました。
 今年に入り、長く閉ざされていた北朝鮮との交渉が再開し、期待をかけておりました。この半年間、私たち被害者家族は、制裁解除が時期早尚であり、また北朝鮮への調査団派遣は賛成できないと政府に強く提言いたしましたが、北朝鮮のプロパガンダに利用されただけの結果に、激しい憤りと無力感を感じました。もはや、一市民としての運動は限界だと実感しております。
 るみ子に再会できないまま亡くなった父は、「わしは日本を信じる。おまえも日本を信じろ」と私に言い遺して旅立ちました。
拉致被害者の救出の為には、我が国を貶めるような国々に対し、毅然と対処できる強い国にならなければなりません。
 我が国が、国民の命を守れる自身と誇りを取り戻し、次世代の子どもたちに引き継いでいくこと。それが、36年もの間、故郷を思い続けながら囚われの身で生きてきた姉の人生に、意味を持たすことになるのだと考えています。
 今回の出馬にあたり、家族会の事務局長を辞し、私と同じ思いで、強い国家を目指している「次世代の党」の皆さんと共に、新たな闘いを始めました。

 ところで、家族会の活動に専念する以前、私は東京の築地市場で、生鮮マグロの仕事をしており、塩釜や気仙沼の皆さんをはじめ、多くの漁業関係の皆さんに大変お世話になりました。震災から半年後の、仙台市内での拉致被害者救出署名活動の時に署名して下さった方々の中には、「若林区」や「宮城野区」等、大変な被災をされ、仮設住宅にお住まいという方もいらっしゃいました。東北の皆様には拉致被害者救出の運動に大変なご理解とご協力を頂き、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。皆さんへのご恩返しが出来ないままになっておりましたが、今回、懐かしく、心あたたかい宮城の皆さんへのご恩返しの機会を頂けたと、心から感謝しております。
 震災直後から東京で、度々支援募金をさせていただき、宮城県を始め福島、岩手の各地にお送りしてきました。被災地の復興は、ご恩返しの意味も含めて、私にとって本当に重要な課題です。

 有権者の皆さん、拉致問題の完全解決、震災からの復興、漁業の振興に、私ますもと照明を働かせて下さい。国政の場で、国民の命を大事にする国をつくらせて下さい!必ずや皆さんのご期待に応えます!

○次世代の党衆議院宮城県第二支部長
○昭和30年10月5日 鹿児島市生(59歳)
○鹿児島市立玉龍高等学校卒業
○北海道大学水産学部卒業
○北海道大学水産学部特設専攻課程修了
○東都水産株式会社に勤務(昭和54年から平成16年)し、築地市場内においてマグロ販売(生鮮鮪セリ人)、アメリカ・スペイン・トルコ他海外において、まぐろの買い付け及び養殖方法の指導に携わる。
○平成16年より「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」事務局に専従。
○平成17年事務局長就任
 姉・増元るみ子を含む拉致被害者の早期帰国のため救出活動を続けている。

posted by yamatonoibuki at 08:30| Comment(0) | 次世代の党 | 更新情報をチェックする

えんどう宜彦 千葉6区 次世代の党 街宣車を使わない金のかからない選挙活動を実施中

この方、東大出の郵政キャリア官僚出身です。自民から出馬を誘われたこともあったそうです。
こんな方、日本にいたんです。


 
posted by yamatonoibuki at 08:17| Comment(0) | 次世代の党 | 更新情報をチェックする

次世代の党 藤井よしひろ候補 八王子から出馬 

藤井よしひろ.jpg
このような紹介文を見つけました


八王子市選挙区からも「藤井よしひろ」さんが出馬します。
この方は、オーストラリアでお仕事をしていましたが、そこで、故・中川昭一先生と出会って、政治の世界に飛び込みました。
そして、中川昭一先生亡き後は、平沼赳夫先生に私淑し、「たちあがれ日本」に入党し、平沼先生と共に今日まで歩んできました。
そう云う意味では、生粋の保守です。
年齢は39歳



藤井 義裕(ふじい よしひろ)

次世代の党 衆議院東京都第24支部長


昭和50年6月10日 生まれ 39歳 長崎県出身。


私立長崎日本大学高等学校 卒業

1997年、国立長崎大学在学中の21歳で単身オーストラリアに渡航。

その後オーストラリア北部地域のケアンズ市で11年間に渡り観光産業に身を置く。

旅行産業に従事する若手営業マンやツアーガイド等が所属する「ケアンズ若手の会」の

代表幹事を2期務め、また、ホテル業界関係者で構成する「ホテル部会」会長を兼務。

別の活動としては在豪日本人約1500名で作る「ケアンズ日本人会」が運営する日本語学校の教員を務め、27歳で当時の日本人会最年少の理事を兼務する。


国際的ホテルチェーンのホリデーインにおいて、日本市場担当マネージャーとして勤務していた折に、当時の中川昭一農水大臣がケアンズでの国際会議のために来豪され、その人柄に触れ、氏の政治理念、国家観に傾倒。

そこから自らも政治家の道を模索する日々が始まる。


2008年に帰国後、外資系の旅行会社で勤務し、特に親日国中心に訪日促進に努める。

2009年の民主党の政権奪取、その後の政府の悪政に怒りと不安を覚える。

そして、在外生活を経験したことで見えてきた日本の抱える様々な危機的状況を憂慮し、次世代を背負う子供達に誇りある日本を残すべく、政党「たちあがれ日本」の人材育成塾・かけはし塾に入塾。当時党代表であった平沼赳夫衆議院議員に師事。

平沼赳夫代表のその清廉な人物像、ぶれることのない政治信条に心酔。

戦後の政治家において唯一この国難を乗り切れる方だと感銘を受け、平沼イズム継承者の一人として真っ直ぐに学ぶ日々を送る。

2012年4月に父親が「国を頼む」との想いを残し他界。

その想いを継ぎ、同年12月の衆議院議員総選挙に太陽の党・日本維新の会公認候補

として八王子市で出馬し、30,042票を頂戴するも残念ながら落選。

その後は日本維新の会の八王子支部長を経て、2014年6月「次世代の党」に移籍。

2014年8月に全国で8名の次世代の党、再任支部長として選任され、八王子で活動中。


座右の銘:忠孝一致

尊敬する人物:河井継之助、平沼赳夫、中川昭一

趣味:車の運転、映画鑑賞


このホームページのタイトルである「十日の菊」は自分への戒めをもって使っています。

遅すぎる行動は何も意味がなく、皆様のニーズにタイムリーに応える覚悟で邁進します。



政策

http://www.yoshihirofujii.net/#!politics/cx3a


日本よ、永遠であれ。


「子や孫の世代に、平和で豊かな、より良い日本で暮らしてほしい」

私達は日本国民すべてに共通するこの想いを実現する願いを込め、新党に「次世代の党」

と名付けました。


なぜ私達がこの日本で安寧に暮らせるのか。

いま日本人として未来に向けて何が求められているのか。


先人達が築き上げてきた歴史や、守り続けてきた文化・伝統を、これからの日本を背負っていくまだ見ぬ世代に、正統な国家観・歴史観に基づいて継承することがいまを生きる現世代の責務であり、そのための国造りに邁進していくことを藤井よしひろはお約束いたします。

posted by yamatonoibuki at 08:07| Comment(0) | 次世代の党 | 更新情報をチェックする

次世代の党比例北海道ブロック 安田聡 街頭演説 A (平成26年12月3日)

次世代の党比例北海道ブロック 安田聡 街頭演説 A (平成26年12月3日)


【たち日応援隊TV】安田聡(たちあがれ日本青年部)H24.04.02
posted by yamatonoibuki at 07:47| Comment(0) | 次世代の党 | 更新情報をチェックする