2013年07月07日

ネット選挙活動 反日組織の妨害工作に気をつけろ

民主党有田芳生議員が選挙妨害を公言したようだ。

【選挙妨害】元祖特定日本人の有田ヨシフ先生が他党の選挙妨害をするようにRT、RTされたしばき隊もビビる
http://www.hoshusokuhou.com/archives/29195115.html

民主党は、有田芳生やその仲間と言われる徳永エリ議員など、こんな議員たちを野放しにしているから朝鮮民主党と言われるのだ。
事実とすれば、国会議員の選挙妨害行為について警察の捜査陳情を検討せざるを得ない。
さて、今回の参議院選挙 ネット選挙活動が可能であるが、私はこれを妨害する活動が計画され組織的に実行されている可能性を指摘したい。
どういう事かと言うと

・PRしたい商品サイトがスポンサーとなって、トラックバック機能を使った宣伝行為をビジネスとして企画
・ある反日組織が妨害工作したい保守系ブログを選定
・反日組織の構成員が、ブログ活動妨害したいサイトのトラックバック情報を収集し、メール等で構成員あるいはアルバイトの人にトラックバックURLを送信
・トラックバック情報をもらった組織構成員あるいはアルバイトの人が(数百人規模)がPRしたい商品サイトにログインし、トラックバック行為を実施する

という事である。
とりあえず、スポンサーの素性だけは確かめておく必要はあるだろうが、スポンサーと反日組織が、在日○○人だったら起こりえる話だろうと私は見ている。
最近、Izaブログがトラックバック機能を停止したことを私は知っているが、Izaブログに保守系ブロガーが集中して多いことと無縁ではないように思う。


とりあえずできる事は、自衛する事であるが、この種の妨害工作で動揺する様では、政治ブログは長続きしない。

posted by yamatonoibuki at 20:07| Comment(0) | 運動論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]