2020年03月24日

集団で感染拡大を意図した場合の法的歯止め

集団で組織的に、感染拡大を企図した行為について、破防法の適用とすべく、法改正すべきです。



http://www.moj.go.jp/psia/kouan_horei_ho02.html
破防法

(定義)
第 四条 この法律で「暴力主義的破壊活動」とは,次に掲げる行為をいう。
 一イ  刑法(明治四十年法律第四十五号)第七十七条(内乱),第七十八条(予備及び陰謀),第七十九条(内乱等幇助),第八十一条(外患誘致),第八十二条(外患援助),第八十七条(未遂罪)又は第八十八条(予備及び陰謀)に規定する行為をなすこと。
  ロ  この号イに規定する行為の教唆をなすこと。
  ハ  刑法第七十七条,第八十一条又は第八十二条に規定する行為を実行させる目的をもつて,その行為のせん動をなすこと。
  ニ  刑法第七十七条,第八十一条又は第八十二条に規定する行為を実行させる目的をもつて,その実行の正当性又は必要性を主張した文書又は図画を印刷し,頒布し,又は公然掲示すること。
  ホ  刑法第七十七条,第八十一条又は第八十二条に規定する行為を実行させる目的をもつて,無線通信又は有線放送により,その実行の正当性又は必要性を主張する通信をなすこと。
 二  政治上の主義若しくは施策を推進し,支持し,又はこれに反対する目的をもつて,次に掲げる行為の一をなすこと。
  イ  刑法第百六条(騒乱)に規定する行為
  ロ  刑法第百八条(現住建造物等放火)又は第百九条第一項(非現住建造物等放火)に規定する行為
  ハ  刑法第百十七条第一項前段(激発物破裂)に規定する行為
  ニ  刑法第百二十五条(往来危険)に規定する行為
  ホ  刑法第百二十六条第一項又は第二項(汽車転覆等)に規定する行為
  ヘ  刑法第百九十九条(殺人)に規定する行為
  ト  刑法第二百三十六条第一項(強盗)に規定する行為
  チ  爆発物取締罰則(明治十七年太政官布告第三十二号)第一条(爆発物使用)に規定する行為
  リ  検察若しくは警察の職務を行い,若しくはこれを補助する者,法令により拘禁された者を看守し,若しくは護送する者又はこの法律の規定により調査に従事する者に対し,凶器又は毒劇物を携え,多衆共同してなす刑法第九十五条(公務執行妨害及び職務強要)に規定する行為
  ヌ  この号イからリまでに規定する行為の一の予備,陰謀若しくは教唆をなし,又はこの号イからリまでに規定する行為の一を実行させる目的をもつてその行為のせん動をなすこと。
2  この法律で「せん動」とは,特定の行為を実行させる目的をもつて,文書若しくは図画又は言動により,人に対し,その行為を実行する決意を生ぜしめ又は既に生じている決意を助長させるような勢のある刺激を与えることをいう。
3  この法律で「団体」とは,特定の共同目的を達成するための多数人の継続的結合体又はその連合体をいう。但し,ある団体の支部,分会その他の下部組織も,この要件に該当する場合には,これに対して,この法律による規制を行うことができるものとする。
posted by yamatonoibuki at 06:47| Comment(0) | 保守系イベント | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]