2020年04月29日

軽症者等宿泊療養・自宅療養における健康観察における留意点(重要です)

マスコミが報道した12項目とは、この報道資料を指していると思われます。

マスコミは28日に厚生労働省が発表したとしていますが、厚生労働省文書の日付は27日となっています。


新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養・自宅療養における健康観察における留意点について
https://www.mhlw.go.jp/content/000625758.pdf


要点は以下。

***************

○ 経過観察(セルフチェック)を行う軽症者等本人に対し、表【緊急性の高い症状】の項目を伝えるとともに、以下の注意事項を併せて伝えることが重要である。

・セルフチェックの際に、「緊急性の高い症状」に該当したときには、看護師等からの定期的な連絡を待つことなく、以下の窓口にただちに連絡すること

宿泊療養の場合には、宿泊施設に配置された看護師等
自宅療養の場合には、各都道府県等の連絡・相談窓口

・セルフチェックのタイミング以外においても、「緊急性の高い症状」を認識したときは同様に窓口にただちに連絡すること

○ 軽症者等へ渡す資料として様式1を、健康観察表として様式2を作成した
緊急性が高い症状.jpg

*************

厚生労働省は、国民向け広報が下手だと思います。
posted by yamatonoibuki at 05:45| Comment(0) | 事件・事故 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]