2013年09月13日

東電は山下和彦フェローを汚染水問題の責任者として現場第一線に立たせるべきだ

東電の方
つべこべ言う暇あったら、汚染水問題の処理で現場第一線にて、ヘルメットかぶって対処願います。

山下和彦フエローとやら、早く現場監督させるべきだろう。

東電社長さん、早く人事異動手決裁願えますか

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130913-OYT1T00980.htm?from=top

汚染水コントロールできていない…東電フェロー

 東京電力福島第一原子力発電所の汚染水漏れ問題を巡り、東電の山下和彦フェローは13日、「今の状態はコントロールできていないと我々は考えている」と述べた。

 「予想されるリスクを評価しながらコントロールしている。ただ、想定を超えてしまうことが起きていることは事実で、申し訳ない」とも語った。民主党の福島第一原発対策本部が福島県郡山市で開いた会議で発言した。

 7日にブエノスアイレスで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会で、安倍首相は「状況はコントロールされている」と述べている。山下氏と首相の発言の違いについて、菅官房長官は13日の記者会見で、「(国が前面に出て)対策を予防的、重層的に講じて汚染水の影響が外洋に及ばないようにしていくと決めている状況の中で、首相は『コントロールされている』と発言した」と説明した。
2013年9月13日19時02分  読売新聞)
posted by yamatonoibuki at 19:31| Comment(2) | 東電福島原発 | 更新情報をチェックする